業務内容

認証コンサルティング

LEED、WELL、SITES、CASBEE不動産、ABINC等の認証取得可能性の検証、改善策の提案、認証に係るアドバイザリー、申請書類作成(英訳含む)、設計者・施工者・コミッショニング・オーソリティ・エネルギーモデラー等、プロジェクトメンバーとの調整・連携サポート、工程管理等を含むコンサルティング業務

当社では、全てのLEED評価システムについて認証取得コンサルティング実績を有しており、BD+C v2009については、Proven Providerとなりました。

LEED PROVEN PROVIDER

Green Business Certification Inc. (GBCI) がヴォンエルフ社をLEED Proven Providerに指名
‐ヴォンエルフ社が高い業務遂行能力を有するLEEDプロジェクトの執行者と認められる
2017年4月25日、株式会社ヴォンエルフは、GBCIによりLEED BD+C v2009認証システムのLEED Proven Providerに指名されたことをここに発表します。
この制度は、LEEDプロジェクトの審査プロセスを効率化することを目的に、これまでのLEED認証において一貫して質の高い業務を提供してきたプロジェクト経験豊かな組織を指名するものです。

各評価システムの概要については[LEEDとは][WELLとは][SITESとは] をご参照ください。
認証取得コンサルティング実績については[業務実績] をご参照ください 。

ランドスケープマネジメント(デザイン・メンテナンス)

ランドスケープ設計、施工、管理およびグリーンインフラストラクチャーの設計

【グリーンインフラストラクチャー】 【ストームウォーターマネジメント】
地域の環境に適した在来植物の採用や、心の安寧に資するバイオフィリックデザイン、雨水利用による自然の水循環の促進、灌水、薬剤、肥料の使用を抑える植栽計画など、SITES,LEEDの評価システムのコンセプトを活かしたランドスケープデザインや管理指針、植栽メンテナンスを行います。生物多様性を意識した空間づくり、特定外来生物による生態系の錯乱防止に努めます。

デザイン ‐ ランドスケープの設計および施工管理業務
△各項目をクリックすると詳細が表示されます
メンテナンス ‐ 定期植栽管理およびアドバイザリー業務
△各項目をクリックすると詳細が表示されます

調査・助言

地方創生支援、地域活性化、サスティナビリティに関する調査研究

地域活性化・サステイナビリティに関する調査研究を行っています。
人口減少や超高齢化社会を背景に疲弊し空洞化が進行する中心市街地の活性化プラン策定に関する助言を、国際的に最も認知度の高い「ひと」中心のまちづくり基準であるLEED-NDの評価軸に沿った形で行います。また総合的な建物のサステイナビリティ評価※1やエネルギー性能評価※2に関する基礎調査、格付け制度間の比較調査、金融機関や自治体独自の環境性能評価やエネルギー・ベンチマーク策定※3に際しての制度設計業務を広範にお手伝いしています。また、不動産投融資に際してのESG(環境・社会・ガバナンス)関連調査や国内外の投資家ヒアリングなどのお手伝いも行っています。

※1 総合的な建物環境性能評価…LEED、CASBEE、BREEAM(英)など
※2 建物のエネルギー性能に特化した環境性能評価…Energy Star(米)、NABERS(豪)、DEC(英)など
※3 SMBCサステイナブルビルディング評価型資金調達の制度設計、東京都「地球温暖化対策報告書制度」を活用した
   自己評価指標(ベンチマーク)策定支援などの実績があります

各プロジェクトについては[業務実績] をご参照ください