【「エリアのLEED評価 ー最近の動向」】

更新日 2017.11.02

皆様におかれましてはますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
ヴォンエルフでは、定期的にLEED、WELL、SITEなどの認証システム等に関する勉強会を開催しております。
 今回は、LEEDのエリア評価について、最近の動向と今後の可能性を含め、お話させていただきます。
 建物のサステイナビリティを測る評価システムとしてスタートしたLEEDは、近年、建物単体の評価を超えて、複数の建物や、街路、オープンスペースまで含んだエリアの開発に対象を拡大しています。また、新規開発ばかりでなく、既存の街区や都市のサステイナビリティに関する評価にまで対象は広がってきています。
 ********************************************************************
LEEDとは、米国グリーンビルディング協会(USGBC:US Green Building Council)が開発、および、運用を行っている建物と敷地利用についての環境性能評価システムです。

【申し込み】以下のウェブサイトよりお申し込み下さい。
https://reserva.be/placewyoyaku02/

■ 講師(予定)
平松宏城 LEED Fellow, Faculty, AP ND, BD+C 他
■ Information
日時:2017年12月7日(木)
開場:17:45、勉強会:18時~20時、交流会:20時~21時
場所:プレイスW 東京都千代田区九段北 4-3-26 政文堂ビル1階
※市ヶ谷駅より徒歩約8分
参加費:5,000 円(交流会参加費込み)
人数:先着40名

主催:株式会社ヴォンエルフ
お問い合わせ:プレイスW事務局 place_w◎woonerf.jp (◎をアットマークに書き換えてください)

【予告】次回勉強会「LEED O+M, Performance Score, GRESB」(予定)
2018年1月18日(木)勉強会、交流会:18時~21時
講師 平松宏城 他(予定)

LEED,WELL,SITES入門編、資格取得対策、プロ向けまで今後シリーズで開催していきます。
今後のスケジュールに関しましては、株式会社ヴォンエルフHP(http://woonerf.jp/news/)にて随時情報を更新して参ります。

持続可能な社会の形成に向けた金融行動原則(21世紀金融行動原則) 第1回環境不動産ワーキンググループ主催セミナーのご案内

更新日 2017.10.31

 近年、環境・社会・ガバナンス(ESG)に配慮する投資先を重視・選別して行うESG投資が不動産投資の分野にも広がりを見せる中、従業員の健康管理に戦略的に取り組む健康経営方針やWELL認証等の健康増進に寄与する執務空間作りへの注目度が高まっており、ワークプレイスは大きく変化しようとしています。今回のセミナーでは、不動産の活用方法、ワークプレイスや働き方、シェアオフィス、サテライトオフィス等の在り方に高い知見を有し、また実践しておられる3名の有識者をお招きし、企業価値向上や地域のサステナビリティに繋がるこれからのワークプレイスについて議論を行います。今後の環境不動産分野において金融機関等に求められる役割やビジネスチャンスをお考えいただく最新の機会になればと考えております。
 本セミナーは、21世紀金融行動原則へのご署名や業態を問わずどなたでもご参加いただけますので、積極的にご参加いただきますようお願い申し上げます。

【開催概要】
開催日時: 平成29年11月29日(水)15:00~17:00(受付開始14:30~)
会場  : 三田共用会議所 3階 大会議室(東京都港区三田2-1-8)
参加費 : 無料
テーマ : 「持続可能な働き方へとつながるワークプレイスの変容」
定員  : 150名程度
後援  : 一般社団法人グリーンビルディングジャパン
申込方法: 
申込フォーム( https://business.form-mailer.jp/fms/94b86b4377257 )にアクセスして、必須項目を入力してください(推奨)。こちらの申込フォームにアクセスできない場合は、21世紀金融行動原則事務局( kankyo_kinyu◎gef.or.jp、◎をアットマークに変更してお送りください )宛に、メールの件名を「第1回環境不動産WG参加希望」として頂いた上、所属団体等の名称、参加者人数、参加者氏名、部署・役職をご連絡ください。
申込締切: 平成29年11月24日(金)12:00

詳細については下記ページをご覧ください:
http://www.env.go.jp/press/104691.html

第19回新春特別ビル経営セミナー『“働き方改革”がもたらすビル経営の大転換―イノベーションを産み出す『働く場』の新潮流―』

更新日 2017.10.30

2018年1月23日開催の第19回新春特別ビル経営セミナーに、弊社代表の平松宏城が講師として登壇します。

////////////////////////////////////////////////////////////////////
(公式HPより抜粋)
これからの企業は、優秀な人材を獲得するための大競争時代に突入する。そこでもっとも重要なことの一つは、働き方の多様化にいかに応え、働き甲斐・働き易さを考えた魅力的な『働く場』を提供できるのかということである。それによって様々なイノベーションを産み出し、収益力が高く、成長を持続できる会社になり得る。「ワークプレイス」の在り方によって、企業の「革新力」や「企業価値」が大きく影響される時代が来ている。今後のビル経営において求められるものは従来思考の延長線上にはない。
“働き方改革”という社会の要請に応え、次世代のオフィスづくりを担うビル経営の新たな潮流が、今注目されている。

プログラム
2018年1月23日(火)
13:30〜13:35
主催者あいさつ
(一財)日本ビルヂング経営センター理事長 櫻井康好

13:35〜14:35
三菱地所が変わる〜働き方改革と進化し続けるオフィスづくりの取組み〜
三菱地所株式会社 取締役会長 杉山 博孝

14:45〜15:45
働き方の次のステップとワークプレイス戦略
ジョーンズラングラサール株式会社
執行役員 佐藤 俊朗

16:00〜16:45
働き方変革時代のベンチマーク:「性能評価」の活用法
〜健康経営から持続可能な街づくりまで〜
株式会社ヴォンエルフ 代表取締役 平松 宏城

16:45〜17:15
「(仮)人々を惹きつける“WeWork”の魅力」
WeWork Japan CEO クリス・ヒル
(英日同時通訳つき)
////////////////////////////////////////////////////////////////////
詳細、申し込みについては下記ページをご覧ください:
http://www.bmi.or.jp/seminar/2017/10/15626/

第50回JMA建築設備技術会議「WELL BUILDING STANDARD認証の概要」

更新日 2017.10.11

2017年11月14日から17日まで4日間開催の第50回JMA建築設備技術会議に、弊社シニアコンサルタントのフランサ・ジオニジオがスピーカーとして登壇します。

////////////////////////////////////////////////////////////////////
(公式HPより抜粋)
11月17日(金)
S8 続・ヒューマンファクターとスマートウェルネス ~環境設計の新たな視点とWELL認証~
コーディネーター 野部 達夫 工学院大学 建築学部 建築学科 教授

1. 温熱環境の設計基準とスマートウェルネス建築

さまざまな温熱環境指標
温熱環境に関する新たな設計手法の考え方
スマートウェルネス建築

秋元 孝之
芝浦工業大学 建築学部 建築学科 教授


2. WELL BUILDING STANDARD認証の概要

WELL BUILDING STANDARDの背景
WELL BUILDING STANDARDの概要(評価の流れ、評価項目)
WELL BUILDING STANDARDの事例および動向

フランサ・ジオニジオ
㈱ヴォンエルフ


3. WELLビルディングへの取組み

WELLビルディング事例紹介
WELL認証取得の効果
WELLに関する今後の取組み

沢田 英一
清水建設㈱ ecoBCP事業推進室 スマートコミュニティ推進部 主査


4. WELL認証の国内事例 ~大林組技術研究所本館~

WELL認証のための取り組み
申請において検証すべき事項
日米における差

小野島 一
㈱大林組 技術本部 統括部長


 オフィス空間における「健康的な働き方の促進」が、社会的な注目を集めています。経済産業省の「健康経営オフィスレポート」では、「快適性を感じる」など働く人々の健康を保持・増進する7つの行動が提案されています。また「快適な環境で健康に働けるか」を判断するため、国土交通省により、換気や採光など幅広い項目で総合的にオフィスの「働きやすさ」を数値化・評価し、基準を満たせば認証するという、新たな仕組みを作る動きが進められています。本セッションでは、昨年に続き、「人間的要素(ヒューマンファクター)」に配慮した環境設計にスポットをあて、さまざまな温熱環境指標に基づく新たな設計手法や米国で生まれた「WELL認証」の概要、国内外におけるスマートウェルネス建築への取組みの最新事例など、新たな環境設計の視点として参考となる具体的な知見を含め、ご講演いただきます。
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

詳細、申し込みについては下記ページをご覧ください:
https://school.jma.or.jp/kenchiku/program.html#s8

【「LEED ID+C v4勉強会(入門編)】

更新日 2017.10.10

皆様におかれましてはますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
今回は、LEED評価システムの中で、日本でも早くから適用されてきた、内装設計施工を評価するLEED ID+C(LEED CI)の広がりの背景、評価の仕組みや内容について、専門家が幅広く解説を行います。
質疑応答を含む、双方向型のプログラムを予定しています。********************************************************************
LEEDとは、米国グリーンビルディング協会(USGBC:US Green Building Council)が開発、および、運用を行っている建物と敷地利用についての環境性能評価システムです。評価項目には、必須項目と選択(加点)項目があり、LEED認証を取得するには、必須項目の要件を必ず満たす必要があります。その上で、選択項目の要件を満たすことで、その項目に割り振られているポイントを獲得します。全項目の合計得点は110点です。得点に応じて上から、プラチナ、ゴールド、シルバー、サーティファイドの4つのレベルで評価されます。LEED ID+Cをはじめとする「設計・施工」 を評価対象とするシステムでは、新築時に一度の評価で認証が付与されます。LEED認証システム自体も、数年に1度の頻度でアップグレードされます。

【申し込み】以下のウェブサイトよりお申し込み下さい。
https://reserva.be/placewyoyaku02/

■ 講師
小山暢朗 LEED AP ID+C 他
■ Information
日時:2017年10月26日(木)
開場:17:45、勉強会:18時~20時、交流会:20時~21時
場所:プレイスW 東京都千代田区九段北 4-3-26 政文堂ビル1階
※市ヶ谷駅より徒歩約8分
参加費:5,000 円(交流会参加費込み)
人数:先着40名

主催:株式会社ヴォンエルフ
お問い合わせ:プレイスW事務局 place_w◎woonerf.jp (◎をアットマークに書き換えてください)

【予告】次回勉強会「LEED NDの世界」(予定)
12月7日(木)勉強会、交流会:18時~21時
講師 平松宏城 他(予定)

LEED,WELL,SITES入門編、資格取得対策、プロ向けまで今後シリーズで開催していきます。
今後のスケジュールに関しましては、株式会社ヴォンエルフHP(http://woonerf.jp/news/)にて随時情報を更新して参ります。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 |>