WELLとは

3.評価カテゴリー

【Air】空気
人は生涯の90%を室内空間で過ごすと言われており、室内の清浄な空気は人々の健康にとって重要な要素です。WELLでは空気のカテゴリーに最も重点を置いており、活性炭フィルターを使用した空気中汚染物質の除去やVOCの低減に貢献する建材選定等の高い基準を設けています。
【Water 】
きれいな飲料水は最適な健康維持に欠かせません。また、多くの人は必要な水分を慢性的に摂取出来ていないというデータがあります。その為WELLでは飲料水のアクセシビリティの向上や様々なフィルターを用いた汚染物質の除去に関する基準を開発しています。
【Nourishment】食べ物
質の悪い食事は健康に悪影響を及ぼすだけでは無く、生産性低下に繋がると言われています。食事のカテゴリーでは、健康的な食事を選択することへの動機づけ、栄養に関する知識を提供することで、理想的な食生活の実現を目標としています。
【Light】
十分な自然光を浴びることは生産性の向上や健康被害のリスクの軽減に繋がることが分かっています。WELLでは積極的な自然光の取入れのみならず、サーカディアンリズムに配慮した照明設計やグレア防止の為の適切な輝度に関する要件を設けて、快適性の高い空間を提供します。
【Fitness】運動
今日、デスクワークの増加に伴い、大半の人々が慢性的な運動不足に陥っています。
WELLではビルト・エンバイロメント (建築や都市の環境)に身体活動を促進するためのデザイン戦略を設け、日常生活に運動を取り入れる工夫が考案されています。
【Comfort】快適性
快適性のカテゴリーでは温熱環境、音響配慮、人間工学、嗅覚、ユニバーサルデザインの観点から、総合的な快適性を評価します。運用ポリシーの作成や設計での配慮で気が散ることなく、生産的で、心休まる室内環境の創出を目指します。
【Mind】こころ
人間の心と身体は強い繋がりがあり、慢性的なストレスは身体機能に深刻なダメージをもたらします。バイオフィリアやアートを取り入れた建物におけるデザイン要素、リラクゼーションスペース、定期的な利用者アンケート等により、精神面や感情面での健康を支えるストレスの少ない生産性の高いビルト・エンバイロメント を提供します。