役員紹介

ヴォンエルフが目指すビジョン
  • ■自動車中心の都市インフラから、歩行者中心のウォーカブルな空間への転換を促す
  • ■これ以上次世代に負債を押し付けない。資産として残せる街並みに作り替える
  • ■建築ストック、エリアの環境性能を高めるために、多様な関係者の連携を促す
  • ■LEEDという世界共通の言語とモノサシを用いて、日本の空間づくりを世界に発信する
  • ■グリーンビルディングを梃子に社会の課題を解決する、やりがいある仕事を生み出す
平松 宏城 (ひらまつ ひろき)
株式会社ヴォンエルフ 代表取締役、株式会社Arc Japan 代表取締役

LEEDフェロー、米国グリーンビルディング協会ファカルティ(公式指導員)
LEED AP (BD+C:新築、ND:ネイバーフッド)
EcoDistrict AP
CASBEE不動産評価員
一級造園施工管理技士

略歴

1961年 静岡県浜松市生まれ
1984年 大阪外国語大学卒業
日米の証券会社勤務後、ランドスケープデザイン/グリーンビルディングの世界に転進。環境NPOでの経験を経て、社会起業家として2006年に(株)ヴォンエルフを立ち上げる。
創業時から公的機関、民間企業、金融システムの横断的な連携を図ることで、サステイナブル・ランドスケープとグリーンビルディングの普及促進に努め、持続可能な都市環境再構築のための枠組み作りを目指す。

小山 暢朗 (こやま のぶあき)

取締役 CFO
LEED AP (ID+C:インテリア)
WELL AP
米国公認会計士
一般社団法人グリーンビルディングジャパン(GBJ)監事

略歴

1963年 神奈川県川崎市生まれ。
1988年 明治大学政経学部卒業。
大学卒業後、マニュファクチュラース・ハノバー証券会社東京支店(現JPモルガン証券株式会社)入社。その後、メリルリンチ証券などを経て、(株)ヴォンエルフ設立に参加。
外資系金融機関在籍中に不良債権を含む多数の資産流動化案件を手懸け、以降も商業施設の証券化商品、私募不動産ファンド、J-REITの新規上場等、日本における新たな不動産関連証券化商品の組成・販売業務に従事。
2010年、国土交通省が委託するRPI(責任ある不動産投資)に関する調査からヴォンエルフに本格参加。2011年取締役就任。LEED ID+C・WELLプロジェクト、および財務経理、人事総務全般を所管。

委員

CASBEEテナントオフィス検討小委員会委員(2012年~2015年)

著作と講演

2012年7月         BELCA NEWS 139号 「海外投資家の不動産投資における環境配慮について」
2018年2月         建築設備と配管工事 751号 「WELL Building Standard (WELL認証の概要と特徴)」
2018年10月        BZ空間2018年秋季号 「日本におけるWELL Building Standard の展望と課題」
2020年1月         建築設備と配管工事 777号 「WELL Building Standard の概要と最新動向」
2021年5月         建築と社会 1190号 「WELL認証の解説とこれからの建物」

講演多数

永積 紀子 (ながづみ のりこ)
取締役 COO
LEEDフェロー
LEED AP (BD+C:新築、ND:ネイバーフッド)
EcoDistrict AP

 

略歴

1969年 東京都渋⾕区⽣まれ。
1992年 東京⼯業⼤学理学部卒業。
(株)ヴォンエルフの設立メンバー。ランドスケープデザイン、ならびに、都市や建築のサステイナビリティに関するコンサルティングサービスを提供。株式会社ヴォンエルフのオペレーション責任者として多数のLEED、WELL、SITES認証プロジェクトを統括している。2008年よりLEED AP。2018年よりLEED Fellow。一般社団法人グリーンビルディングジャパン共同代表理事。