JUSTとは

3. 評価項目と配点・認証ランク

JUSTは6つのセクションで構成されます。各セクションに組織のポリシーの提出・公開を求める項目があります(合計22項目)。ただし、ポリシーが存在しないなどの理由によっては1セクションにつき1項目までポリシーを提出しない(公開しない)選択肢があります。その他にJUSTには最低限満たすべき要件はありません。
審査が完了すると、組織のポリシーの評価結果が各項目のインジケーターに可視化され、JUSTのラベルとして発行されます。

  • JUSTを構成する6つのセクション
  • ① Diversity & Inclusion/ダイバーシティとインクルージョン
  • ② Equity/公正性
  • ③ Employee Health/従業員の健康
  • ④ Employee Benefit/福利厚生
  • ⑤ Stewardship/スチュワードシップ
  • ⑥ Purchasing & Supply/購買&サプライチェーン

ラベルに表示される各項目の評価結果は以下の通りです。

ポリシーが無い(公開しない)オプションを選択した場合にインジケーターは白で表示されます。このオプションが選択できるのは各カテゴリ内の1項目のみです。
ポリシーを開示していることを示します。
ポリシーを開示している上で、ポリシーの評価が「Good/良い」ことを示します。
ポリシーを開示している上で、ポリシーの評価が「Better/より良い」ことを示します。
ポリシーを開示している上で、ポリシーの評価が「Best/最高に良い」であることを示します。