TRUEとは

3. 評価カテゴリー

TRUEでは7つの最低必要条件と81の加点項目で構成されています。

最低必要条件
認証を求める企業又はプロジェクトに廃棄物ゼロの方針があることが求めらます。
直近の12ヶ月間で廃棄物について平均90%以上の転用率を達成していること。
国や地方自治体の固形廃棄物およびリサイクルに関する法律等を満たしていること。 材料の収集、処理、または処理に必要なすべての大気、水、土地の排出許可を遵守していること。
廃棄物転用計測値の基準年を記録したデータと、その後の規模、種類、事業内容の変化を記録した基準年以降の測定値があること。
プロジェクト現場から出るいかなる材料についても汚染水準が10%を超えていないこと。
認証を最新の状態に保つため、毎年12ヶ月分の廃棄物転用データをGBCIに提出すること。
廃棄物ゼロの取り組み事例を提出すること(ケーススタディ)。
選択項目
REUSE リユーズ 
廃棄物の収集容器のサイズやピックアップの頻度及び収集契約の見直し、ごみの発生となるポイントの見直し等により、廃棄物に対するシステムの最適化のための再設計を行います。  
REDUCE リデュース
認証を求める企業又はプロジェクトに廃棄物ゼロの方針があることが求めらます。
REDESIGN リデザイン
施設内外での使い捨ての材料の消費量や食品廃棄物等を削減し、リユースを重視したシステムを開発します。飲食施設等が含まれる場合は施設内での調理済み食品を、廃棄せずに寄付するためのプログラムを構築します。
COMPOST(RE-EARTH) コンポスト
剪定ゴミや食品廃棄物等が発生する際は、それらをコンポスト化するためのプロセスを構築します。施設に緑地や農場がある場合は、作られたコンポストを使用して植物を育てるためのシステムを導入します。
RECYCLE リサイクル
施設で発生する材料が最高かつ最良の使用方法であるかの検討および発生する材料のライフサイクル全体を理解することが求められます。
ZERO WASTE REPORTING 廃棄物ゼロに対する取組みの報告
施設で発生する廃棄物がどのように処理されるかを理解し、廃棄物ゼロの取り組みの財政的影響を調査することが求められます。
DIVERSION 転換率
発生した廃棄物の総量と比較して、削減、再利用、リサイクル、堆肥化された廃棄物の重量割合を定量化することが求められます。
ZERO WASTE PURCHASING 廃棄物ゼロの為の購入方針
使い捨ての商品よりも耐久性のある商品を選ぶことや、持続可能な方法で生産された紙や木製品を選ぶように指示した環境に配慮した購入(ENVIRONMENTALLY PREFERRED PURCHASING: EPP )ガイドラインまたはポリシーを制定し、その政策を実施します。
LEADERSHIP リーダーシップ
全従業員にゼロエミッション方針を周知し、プログラムの実施に全面的に関与してもらうために、教育を行い、従業員のオリエンテーションや評価プロセスに廃棄物ゼロに対する取り組みを含めます。また、購入代理店についても同様に教育を行い、廃棄物削減に努めます。
TRAINING 訓練
施設の上位管理職により廃棄物ゼロプログラムを促進することが求められます。また施設から発生または受領する包装材についてリサイクルできない材料の使用を削減するためのシステムを構築します。
ZERO WASTE ANALYSIS 廃棄物ゼロの為の監査
監査により廃棄され続けている材料と廃棄物を削減する機会を理解し、それを実施することや、リサイクルの流れの中での汚染レベルを理解し、最終的に削減することなどが求められます。
UPSTREAM MANAGEMENT 上流工程の管理
施設で無駄になる製品や材料の受領を防ぎ廃棄物を防止すること、サプライチェーンにおいて廃棄物ゼロを広く採用することを奨励することなどが求められます。
HAZARDOUS WASTE PREVENTION 有害廃棄物の回避
非有害廃棄物の汚染や環境への被害を防ぐために、有害廃棄物の適切な取り扱い、保管、廃棄を確実に行い、その記録を取ること、ユニバーサル廃棄物処分による環境への悪影響を回避すること等が求められます。
CLOSED LOOP クローズドループ
ポストコンシューマリサイクル素材の使用を促進し、新しい紙の使用を減らすこと、生ごみを利用して堆肥を作るクローズドループシステムを奨励することなどを通じて地域の廃棄物ゼロ経済をサポートすることが求められます。
INNOVATION イノベーション
リサイクルすることが困難な材料を転用するための新たなアイディアを提案することや、廃棄物を毎年削減することを確約すること、TUREの要件にない方法でのゼロ・ウェイストのアプローチを探すことなどが求められます。