WELLとは

2.1. WELL Health-Safety Ratingとは

WELL Health-Safety Rating とは、 施設の管理・運営に関する世界基準の評価システムです。 COVID-19の流行を受け設置されたタスクフォースにおいて、公衆衛生等の600人以上の様々な分野の専門家による知見を踏まえて設計され、2020年6月に公開されました。

WELL Health-Safety Ratingは、様々な企業が従業員や訪問者などの健康を優先するように設計されており、建物入口のWELL Health-Safetyシールが目印となり、感染症対策をはじめ、科学的なエビデンスに基づいた施設の清掃や消毒、空気質や水質の管理、緊急事態対策など、人々の健康、安全、福祉に配慮して管理・運営を行っている施設であることを広く利用者に伝えることができます。

様々な施設の種類に基づいて柔軟にカスタマイズ可能であり、組織のニーズに適応できるように設計されています。プロジェクトでは、15項目以上(全22項目)を達成すると評価取得の証としてWELL Health-Safetyシールが交付されます。WELL認証のようなレベルはありません。有効期間は1年間です。

WELL Health-Safety Ratingは、WELLと同様に、 IWBI(The International WELL Building Institute)による開発と運用が行われ、第三者機関であるGBCI( Green Business Certification Inc. )による審査が行われます。

世界でのプロジェクト実績の詳細については、以下のリンクをご参照下さい。

世界のプロジェクト実績:

https://www.wellcertified.com/health-safety/directory